武道精神&スポーツマンシップをベースに、
 『体育』と『徳育』、『礼儀作法』をコンセプトにした、少年部育成クラスです。
 強く・明るく・逞しく!


<武学舎>『少年部 武道クラス』とは?
多くの武道・スポーツの経験を通じて感じるものは、「根本的な身体の使い方は全ての武道・スポーツに共通している」
という事です。そして、この基礎部分、身体の使い方が成立してこそ、各分野の技術面が上達されていく、という現実です。
<少年部 武道クラス>では、その身体の使い方を身につけるため、レスリングのマット運動などを中心に、押す、引く、
跳躍、回転、受身等の各種運動・体操を行い、全てのスポーツや武道において必要不可欠な『基礎体力』、『スタミナ』、
『柔軟性』、等のフィジカル面。
そして、人の身体の弱い部分、強い部分を理解した上での身体操作方法。
これらをバランスよく伸ばすことを目指してマット運動を中心とした独自のトレーニングを行います。

子供は自然環境の遊びの中で、運動能力を鍛え、危険な動きは何なのかを身体で覚えていきます。
また、年令を超えた「群れ遊び」の中で、協調性やルール、思いやりを学んでいきます。
ところが、昨今の子供達には、そのような、走り回ったり、跳びまわったり、転げまわったりする自然環境が激減しております。
木登りや、物を投げたり、潜り抜けたり等の体験機会が無くなり、下手すれば、転んだりぶつかったり、落ちたり、ひっくり返ったりの経験すらない都会っ子が現実です。
運動能力以前の問題であり、生命力すら危ういお子様が目立って増えてきております。

狭い道場内ではありますが、このクラスが、子供達にとっての遊び・鍛錬の場となり、気づきの場、学びの場、成長の場になればと考えております。

稽古内容。
稽古内容は、マット運動を中心としたフィジカル稽古、受け身、投げ技などや基礎体力作り。
綱引きやボール投げ、相撲など多肢に渡ります。

~稽古一例~

〇まずは各種ステップ。腹筋、背筋、腕立てなど。
 
 〇手押し車 前・後ろ・横など。
 
 〇トカゲ歩き、アヒル歩き、カエル跳びなど。
 
 〇おんぶに抱っこ、肩担ぎ。
 
 
 〇前転・後転・開脚前転・開脚後転・イモムシにエビ、逆エビなど。
 
 〇前回り受け身、後方受け身、横受け身など。※受け身は、不意の転倒等、日常生活の危機回避にも繋がります。
 
 〇グランドからの投げ技。
 
 〇抑え込み各種。抑え込む技術だけではなく、基礎体力・身体操作の把握の練習になります。
 
 〇抑え込みからの脱出。ゲーム感覚で抑え込みを返し、下から上に切り替えます。
 
 〇おしくらまんじゅう相撲等々。
 

 その他、いろいろ遊びながら体力を鍛えております!
 会員募集中



日時:毎週土曜日 PM5:00~6:00
年齢:小学生以上

料金:4,500円(別途、年間1,000円のスポーツ保険加入をお願い致します。)
※空手か合気道の併用として稽古をして頂くのがベストです。
※空手・合気道の生徒は、月会費内にて参加できます。


場所:大阪市天王寺区上本町9-3-2 二階
<国際空手道連盟 極真会館 中村道場 大阪なにわ支部 天王寺道場内>
電話:06-6773-0273



講師:小林悟
1961年2月2日生まれ。
 ◇空手 六段(国際空手道連盟 極真会館 中村道場 大阪なにわ支部 支部長)
 ◇合気道 参段(昭道館 合気道 天王寺支部 支部長)
 ◇サブミッション・アーツ・レスリング 五段(サブミッション・アーツ・レスリング関西本部 本部長)
 ◇柔道 初段
 ◇剣道 初段
 ◇日本レスリング協会 初段
 ◇日本サンボ連盟 参段
 ◇日本スポーツ柔術協会 五段
 ◇国際武道柔術連盟 四段(理事)

 ◇NPO法人 スポーツ・武道育成振興会(代表理事)

 ※17才より極真空手を始め(1978年)今日に至る。

 お問い合わせ
 <武学舎>少年部 武道クラス
 場所:大阪市天王寺区上本町9-3-2 二階
電話:06-6773-4232  携帯:090-9113-4232(武学舎事務局・小林) 


道場案内トップページへ戻る。